2020年3月29日日曜日

つくってます 最近のこと

大阪髙島屋の展示を終えて、
制作の日々がまたやってきました。
京都から若葉屋さん夫妻が
次の個展打ち合わせということで、
家で昼呑みしました。
自分のお皿も使って
おもてなしがんばりました。

展示は5月15日から。
 それまでにたくさん器をつくるべく日々励んでおります。
円盤積み上げております。
ここまでの下ごしらえがなかなか時間かかる。

夕焼け。
私はいまのところこの時期は制作に充てていて、ずっと引きこもっている日々なので、今までの行動や生活とは特に変化がないのですが、それとは関係なくの、気持ち的になんとなしの閉塞感がありますね。
わかりやすいほどの影響が隅々まで起こっている事態に、誰しもが体も心の中でも耐えているような状況なのだと思います。
いろんな情報や憶測が飛び交っていたりしますが、先々のことはそれとして、逆につくれる環境に身を置けることに感謝しつつ、それでも、手洗い、うがいをきっちりと。誰が罹患しているわけでもない、自分が知らず知らずに罹患しているのかもしれないので、マスク。人との距離を保つこと。
密集、換気が悪い場所へは行かないこと。など、自分が思いつく限りの予防を。
そのうえで、日々を淡々と過ごせていけたらと思う今日この頃なのであります。


2020年3月18日水曜日

エッケプンクトさんでオンライン購入できます 29日まで

3月15日で、自由が丘にあるエッケプンクトさんの展示が終了いたしました。
お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

ただいま、引き続き、29日まで、オンラインで器、アクセサリーをご覧いただけます。

https://eckepunkt.com/onlinestore/products/list?category_id=114
↑こちらから

丁寧にご紹介いただいております。
遠方にお住まいのかたも、どうぞこの機会にご覧くださいませ。





2020年3月16日月曜日

つくっています

先日投稿した、輪っかみたいなかたちのもの、
器になりました。用途などは問わないオブジェみたいなものになる予定です。

真ん中に見えるのは豆鉋(まめかんな)というもので、鉋の刃先がアール型になって、曲面を削るもの。
これで少しずつ削っていきます。この木は欅(けやき)。硬い木で、てこずっています。
なかなか手間がかかる作業ですが、時間が許せばいつまでも削ってられる、飽きない作業です。
数をつくらない時間をかける制作は、木と対峙しながらいろいろなことを考えています。
なんでつくっているのか、どうゆうものをつくりたいのか、どうゆう可能性があるか、次はなにをつくろうか…

木のものを売ってご飯を食べているので、なかなか時間のかかる制作をしずらい環境ではありますが、こうゆうものを少しずつでもつくっていって、自分の根幹みたいなものを見つめていく時間が必要だなと改めて思います。
また、できあがったらこちらでお知らせします~。


2020年3月12日木曜日

大阪髙島屋終了いたしました。

大阪髙島屋の展示が1週間、無事終了いたしました。
ご覧の感じでマスクをしながら実演しておりました。
お客様もマスク。私もマスクでの会話は、
なんとなく一枚フィルターがかかっているような感じで、
もどかしい接客となりました。
やはり、いつもより、髙島屋にくるお客様は少なかったのですが、
こんなときにでも、この展示に向けて、
わざわざ足を運んでくださった方もたくさんいて、
なんともありがたい日々となりました。
選ばれる様子、たまたま見ていただいた方とお話したり、
一期一会の機会を見れるのが楽しいのが大阪髙島屋の催事で、
やはり今年もそれは変わらずで。
来年もできれば出展したいと思っています。

お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました!

どうぞみなさま健康に気を付けてお大事に。
なんだかこんな会話が飛び交いますが、
もうすっかり春ですね~。



2020年3月2日月曜日

展示のお知らせ エッケプンクト自由が丘店にて

エッケプンクト自由が丘店にて「木のもの展」に参加いたします。

岡野達也
川鍋木物店
foot of the mountain 中西健太
宮内知子

2020年3月7日(土)~3月15日(日)
東京都世田谷区奥沢7-13-13 
03-6325-3245
東急東横線 自由が丘駅より徒歩8分


器類、ブローチ、イヤリング、ピアスなど展示いたします。
木工されてる方々とのグループ展は初めてでちょっとドキドキですが、
お越しいただけましたら幸いです。




髙島屋大阪店 営業時間変更のお知らせ


髙島屋大阪店
営業時間変更のお知らせ

34日(水)から310日(火)まで、6 和食器売場で展示する「宮内知子の木工作品展」ですが、営業時間が

午前11:00〜午後8:00

に変更になりました。
わたしは開店時から午後7時までいる予定でおります。

どうぞお越しになる際はお気をつけくださいね。
是非お越しくださいと言いずらい環境ではありますが、お立ち寄りいただけたら幸いです。新作のお皿も並べます。
どうぞよろしくお願いいたします。

2020年2月22日土曜日

展示のお知らせ 大阪髙島屋にて

宮内知子の木工作品展

2020年3月4日(水)→3月10日(火)

午前10時~午後8時【週末金、土は午後8時30分まで】【最終日は午後5時まで】
高島屋大阪店 6F 和食器売場
大阪市中央区難波5丁目1番5号 (06)6631-1101(代表)

漆で描いた木のお皿、
さまざまな種類の木を合わせたブローチを展示、販売いたします。
期間中午後7時ごろまで在店いたします。
実演しながらお待ちしております。
昼食などで席を外している場合もありますので、もし、ご来店予定されている方がおりましたら、miyautitomokko@gmail.com までご連絡くださいませ。

大阪髙島屋の展示は5年目になります。
毎年いろんなお客様とお話しできるわたしにとってもいい機会です。
春は、もうすぐそこ!
どうぞ皆様お近くにお越しの際はどうぞご覧くださいませ。



2020年2月18日火曜日

福市のお知らせと今


大阪のwarble/22家さんにて、2年に1回行われる「福市」に今年も参加いたします。

蔵出し作品展「福市」
旧作だったり、サンプルだったり、
そんなに数を作らないレアものだったり、
どんな理由でここにやってくることになったのか、
その謂れ札も好評です。


私の旧作もあれこれ並べます。ほぼ定価の半額でお売りします。
中にこんなのありました。昔に書いた柄。我ながらかわいい。
どうぞ、外になんとなく出ずらい状況ではありますが、マスクして福を探しに是非お出かけください。

作家さんの蔵出し作品展「福市」
2020年2月19日(水)~3月1日(日)【会期中の休み25日(火)】
11:00~20:00(日祝19:00まで)

 warble/22家
大阪市中央区谷町6丁目2-17
 06-6762-2224

ただいま、静岡にある、ギャラリーnoir/NOKTAの企画展に参加していおります。

わたしは工房にて普段の制作の合間合間に大きな器つくってます。
大きな穴が開いたこの塊もいつかは器に。
またできたらご覧いただけますよう。
ブログもちょくちょく更新します(したい)。




2020年2月4日火曜日

8日より

ギャラリーnoir/NOKTAで、8日から始まるグループ展、
「ボヌール」(幸福)
にて展示するものです。


「往来」壁掛(板皿)25㎝×22㎝

「もののかたち」壁掛(板皿)20㎝×10㎝

「もののかたち」壁掛(板皿)20㎝×10㎝

木殻器 Φ12㎝×20㎝
他にも器類、ブローチなどが並びます。
これからこんなのを継続してつくっていく予定です。
どうぞ皆様ご覧くださいませ!

2020年1月26日日曜日

展示のお知らせ

2020年2月8日(土)~23日(日)
11:00~17:00
木曜休

ボヌール(幸福)

ギャラリーnoir/NOKTA
http://renrens.jp/gallery/index.html
静岡県伊豆の国市中750-1
055-949-7821

鈴木佳世(陶)
そのだちひろ(刺繍アクセサリー)
一荷(木と陶)
森本果呼(絵画)
苔むす木工(木造形)
宮内知子(木工)

器類、ブローチ、オブジェなどを展示いたします。

2020年1月22日水曜日

最近のことと納品のお知らせ

 自宅の近くに笠置山というところにある笠置寺に行ってきました。
画像は岩に彫られた摩崖仏。高さ10メートルの岩に2センチの細さできれいに仏様が彫られています。

友人たちとこの山に登った帰りに熱が出て、久しぶりの風邪をひいてしまいました。
いやー。油断禁物でした。
皆様、季節柄お気を付けくださいませ。


その前の話になりますが、京都の若葉屋さんにて、飛んでいる鳥のお皿(若葉屋さん曰く飛鳥)中心に器類を置いていただいています。
どうぞこの機会にご覧くださいませ!



2020年1月10日金曜日

昔の作品

次の展示に向けてあれこれ思案しながら日々作っております。

 先日、年末に実家で大掃除をしていたら、10年以上前につくった作品を発見しました。
ハンズ大賞に応募(入選)した木の箱です。
えらいぐにぐにしながらつくっています。楢と楠だけで模様をつくってます。
 顔。昔の自分のマークを顔型にしていたので、この模様をつくったんだと思います。
こんな時間かかるのはもう二度とつくらないだろう。洗練されていないけど、それなりに考えてるというのはわかります。このころは、「こういうことをやってみたらどうなるんだろう」みたいな動機が大部分を占めていて、それだけでここまでやってしまえるのもある意味、過去の自分に「ようやるなあ」と思います。
あれがあっての今ですねえ。
また、新作や、新しい展示があれば、こちらでお知らせしていきます。

2020年1月3日金曜日

新年明けましておめでとうございます


今年は、いままでより一層、制作活動に幅を広げ、
自分の心をより鋭く見つめなおしていこうと思っております。

皆様も朗らかな良い年でありますように。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。